豊島区で不動産売却|トラストエステート > トラストエステートのスタッフブログ記事一覧 > 再建築不可の戸建てとは?購入するメリットとデメリット

再建築不可の戸建てとは?購入するメリットとデメリット

≪ 前へ|空き家を売りたい場合どのようにすれば良いのか   記事一覧   ゴミ屋敷を所有することで考えられるリスクとは|次へ ≫

再建築不可の戸建てとは?購入するメリットとデメリット

再建築不可の戸建てとは?購入するメリットとデメリット

購入する戸建てを探していて、「再建築不可」の物件に出合ったことはありませんか?
一見デメリットの多そうな再建築不可の戸建てですが、実はメリットと呼べる面もたくさん隠されています。
そこで今回は、そもそも再建築不可とはどのような状態のことをいうのかについて、そして再建築不可の戸建てを購入するメリットやデメリットについてもご紹介していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

戸建て購入の選択肢の一つ?再建築不可物件とは

「再建築不可」とは言葉のとおり、現在の建物を解体して新しい建物を作ることができない物件のことをいいます。
その内容は建築基準法によって定められており、火事や災害が起こった際の避難経路が確保されているか、救急車や消防車の侵入経路はあるか、といったポイントが重視されています。
つまり、再建築不可の物件の特徴としては、「建築基準上の道路に接していない土地にある物件」ということです。
この規定ができる前に建てられた物件については、取り壊しの義務があるわけではないものの、新たに建て直すことは法律上で禁止されています。

再建築不可の戸建てを購入するメリットとデメリット

再建築不可の内容だけを聞くとマイナスのイメージが強いかもしれませんが、再建築不可の戸建てにもメリットがないわけではありません。
まず、購入価格がかなり安く設定されている物件が多いということ。
理由としては、建て直しができないという特性上、再建築不可の戸建て購入を敬遠する方が多いため、結果的に資産価値が下がるからです。
しかし、再建築不可とはいえ駅から近い場所にある戸建てや、眺望がすばらしい場所にある戸建ても存在しています。
つまり、再建築不可というデメリット以上に、人によっては大きな価値を感じられる物件も多く存在しているはずです。
特に古民家や昭和レトロな趣きが好きという方にとっては、低価格で購入してから好きに手を加えられる再建築不可の戸建ては、メリットが多いといえるのではないでしょうか。
一方、建て替えができないこと以外のデメリットとしては、建物が古い分、メンテナンスにある程度の費用が必要になることです。
また、再建築不可の戸建てでは、住宅ローンが利用できないケースも多いので注意してください。

まとめ

再建築不可の戸建てに価値を感じるかどうかは、人それぞれです。
どのような再建築不可物件と出合うかでも違ってくるかもしれません。
再建築不可のデメリットだけに捉われず、物件選びの選択肢の一つとして、自分の価値観で向き合ってみてくださいね。
古い家に愛着を感じられるという方には、特におすすめの物件ですよ。
私たちトラストエステートは、豊島区を中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
お客様の幅広いニーズに真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|空き家を売りたい場合どのようにすれば良いのか   記事一覧   ゴミ屋敷を所有することで考えられるリスクとは|次へ ≫
  • 売却査定
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    トラストエステート
    • 〒171-0022
    • 東京都豊島区南池袋1丁目20-11
      植原ビル4F
    • TEL/03-5924-6230
    • FAX/03-5924-6231
    • 東京都知事 (1) 第106253号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る