豊島区で不動産売却|トラストエステート > トラストエステートのスタッフブログ記事一覧 > ゴミ屋敷を所有することで考えられるリスクとは

ゴミ屋敷を所有することで考えられるリスクとは

≪ 前へ|再建築不可の戸建てとは?購入するメリットとデメリット   記事一覧   戸建てのリフォームについて詳しく解説! |次へ ≫

ゴミ屋敷を所有することで考えられるリスクとは

ゴミ屋敷を所有することで考えられるリスクとは

忙しすぎる方、掃除や片付けが苦手な方、病気などで自由に体を動かすことが難しい方など、自宅をゴミだらけにしてしまうこともあるかもしれません。
しかしながら、あまりにも酷すぎると、思いがけないトラブルに発展してしまうこともあります。
ここでは、自宅をゴミ屋敷にするリスクなどについてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

ゴミ屋敷は火災のリスクがある

いわゆるゴミ屋敷と呼ばれる物件は、不衛生であったり悪臭がしてしまったりいろいろな問題を引き起こします。
長く悪い状態が続けば、ゴミが増えすぎてしまい生活スペースが失われてしまったり、思いがけないところで転倒してしまったりと、数々のリスクが発生します。
また、火災の心配もあるため、早めに掃除をするなどして良い状態に戻したいところですが、さまざまな理由からそれができない方も少なくありません。
不要なものが多いと、コンセントにホコリが詰まって火災になる危険もあります。
ゴミが家の外まであふれてしまっている状態であれば、放火のリスクもあります。

ゴミ屋敷は法にふれるリスクがある

自治体によっては「ごみ屋敷条例」があり、これによって強制撤去になる可能性もないわけではありませんので、放置したままの状態はおすすめできません。
一般的に、行政からの指導を受け、その後支援を受けながらゴミを処分していくのですが、万が一これを拒否した場合は強制撤去されることになります。
現在はまだごみ屋敷条例が制定されていない自治体であっても、これから増えていくことも十分考えられますし、何より安心して生活できないのは心身にとってデメリットしかありませんので、軽視するのはやめましょう。

ゴミ屋敷を売却することはリスクなしでできるか

ゴミ屋敷は、このように衛生上悪く危険をたくさん含んでいる状態ですが、ほかにも建物を傷めてしまうというリスクもあります。
手放したいと思う方は、売却を検討するのも良いでしょう。
ゴミ屋敷は、ゴミを取り除いてから売ることもできますが、ゴミをそのままにした状態で売ることも可能です。
ただし、ゴミをそのままにしたまま売却する場合はどうしても安くなってしまいますので、そのあたりも良く考える必要があります。
また、あまりにも傷みがひどい状態であれば、建物を解体して売却する方法もあります。

まとめ

ゴミ屋敷にはリスクが多く、火災やニオイの心配もあります。

ゴミが溜まってしまう原因はいろいろあると思いますが、早めに自分で処分するか業者に依頼して綺麗にしてもらうことをおすすめします。
また、売却することもできますので、良いと思う方法で検討してみてください。
私たちトラストエステートは、豊島区を中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
お客様の幅広いニーズに真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|再建築不可の戸建てとは?購入するメリットとデメリット   記事一覧   戸建てのリフォームについて詳しく解説! |次へ ≫
  • 売却査定
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    トラストエステート
    • 〒171-0022
    • 東京都豊島区南池袋1丁目20-11
      植原ビル4F
    • TEL/03-5924-6230
    • FAX/03-5924-6231
    • 東京都知事 (1) 第106253号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る