豊島区で不動産売却|トラストエステート > トラストエステートのスタッフブログ記事一覧 > 再建築不可物件を収益物件として活用する方法とは?

再建築不可物件を収益物件として活用する方法とは?

≪ 前へ| 空き家の売却を検討するときに気を付けたい税金について解説   記事一覧   リフォームとリノベーションの違いについて解説|次へ ≫

再建築不可物件を収益物件として活用する方法とは?

再建築不可物件を収益物件として活用する方法とは?

建物の増改築や建て替えができない再建築不可物件は、資産価値が低く、売却先が見つかりにくいことも少なくありません。
しかし少し工夫すれば、収益物件として活用する道があります。
そこで、再建築不可物件の活用方法についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

再建築不可物件を収益物件として活用する方法

再建築不可物件とは、建築基準法による接道義務を満たしていないため、新たな建築ができない土地を意味します。
建築基準法における接道義務には、以下の条件があります。

幅員4m以上の道路に、間口2m以上で接している
しかしこの条件を満たしていない再建築不可物件にも、次のような活用方法があります。

リフォームして活用する

増改築を伴わないリフォームは可能なので、修繕して活用する方法があります。
再建築不可物件は、都市部の住宅密集地などに多く見られます。
そのため立地条件が良ければリフォームし、賃貸物件として建物を活用できるでしょう。
さらに事業利用可やペット飼育可などの付加価値をつければ、収益物件としての競争力も高められます。
また更地であれば、トランクルームとして活用する方法もあります。
トランクルームはコンテナを並べるだけなので、少ない初期費用で始められる収益物件です。

再建築不可物件の活用例:駐車場にする

築古の建物がある再建築不可物件は、リフォームしても収益が見込めない場合も珍しくありません。
そこで更地にし、駐車場として利用する方法がおすすめです。
住宅地なら月極駐車場、商業地ならコインパーキングにするのが良いでしょう。
また間口が狭く駐車場利用が難しければ、バイク置き場や駐輪場としての活用方法もあります。

注意点

再建築不可物件は一度解体すると、新しく建物を建てられません。
さらに住宅用地だった場合、土地にかかっていた固定資産税の優遇措置も受けられなくなります。
税金が最大で6倍になるため、注意してください。

再建築不可物件の活用例:隣地と相談して区画整理する

再建築不可物件であっても、隣地と合わせて接道義務を満たせるなら活用の幅が広がります。
そこで、隣地の買取もしくは借受を検討してみてください。
再建築できる土地になれば、新築物件やアパートなどより収益性の高い建物を建てられます。
また将来的に売却する際も、隣地と組み合わせることで広い土地になっていれば買い手が見つかりやすくなるでしょう。

まとめ

再建築不可物件にはどのような活用方法があるのか、収益物件の事例とともにご紹介しました。
資産価値が低い物件であっても、工夫次第で収益を得ることが可能です。
そこで再建築不可物件の活用方法でお悩みの際は、お気軽にご相談ください。
私たちトラストエステートは、豊島区を中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
お客様の幅広いニーズに真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ| 空き家の売却を検討するときに気を付けたい税金について解説   記事一覧   リフォームとリノベーションの違いについて解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    トラストエステート
    • 〒171-0022
    • 東京都豊島区南池袋1丁目20-11
      植原ビル4F
    • TEL/03-5924-6230
    • FAX/03-5924-6231
    • 東京都知事 (1) 第106253号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る