豊島区で不動産売却|トラストエステート > トラストエステートのスタッフブログ記事一覧 > 不動産を売却する際に現状渡しにするとどうなるか解説

不動産を売却する際に現状渡しにするとどうなるか解説

≪ 前へ|豊島区の新複合商業施設Hareza池袋とはどんなところかご紹介   記事一覧   不動産売却で「火災保険」を解約した場合の未経過分について解説!|次へ ≫

不動産を売却する際に現状渡しにするとどうなるか解説

不動産を売却する際に現状渡しにするとどうなるか解説

劣化が感じられるような不動産を売却する場合、綺麗にしてから売りにだしたほうが良いのか、そのままの状態で売却したほうが良いのか迷うこともあるかもしれません。
どちらにもメリットがありますので、比較しながら慎重に判断してみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産を売却する際の現状渡しとはなにか

クロスがくすんでいたり、床やドアに傷があったりと、長年暮らしてきたマイホームなどには、多くのダメージが見られることが考えられます。
こういったマイナスな部分をあえて修繕することなく売ることを、現状渡しといいます。
一般的に綺麗で新しいほうが魅力があるように感じられるかもしれませんが、不動産の購入を検討している方のなかには購入後に自分で好きなようにリフォームして暮らしたい方や、少しでも安く買いたいと考えている方も多いので、この方法で売りに出すことも可能です。
また、室内の状態よりも、築年数のほうに注目して物件選びをしたい方もいるので、不動産を探している方のニーズもさまざまです。

不動産を売却する際に現状渡しにするとどんなメリットがあるのか

現状渡しで売却する場合、得られるメリットはたくさんあります。
一つは、リフォームのための費用を用意する必要がないことです。
もう一つは、リフォームのための段取りや時間が不要であることです。
このように、あまり手間をかけることなく売ることができるので、忙しい方などにもおすすめの方法だと言えるでしょう。
不動産を購入する方も、安く物件を買うことができますので、メリットを感じる方も少なくありません。

不動産を売却する際に現状渡しにする場合の注意したいデメリットは?

現状渡しでの不動産売却には、メリットがたくさんある反面、注意しておきたいデメリットもあります。
あまりに傷みや古さが感じられる物件だと、なかなか売れないこともあります。
この場合は、ハウスクリーニングをおこなって、清潔感をアピールしたり、インスペクションをおこなって、建物の状態を明確にしたうえで売却活動をしたりする対応も検討してみてはいかがでしょうか。
立地条件が良い物件であれば、そこをアピールするのも良いかもしれません。

まとめ

不動産を売却する場合、現状渡しにすることで得られるメリットがあります。
リフォームの費用や手間がかからないこともそうです。
しかしながら、デメリットもありますので、そこについても注意してどのような方法で売るのかを検討してみてください。
ほかにアピールできることがあれば、それも前面に出してみても良いでしょう。
私たちトラストエステートは、豊島区を中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
お客様の幅広いニーズに真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|豊島区の新複合商業施設Hareza池袋とはどんなところかご紹介   記事一覧   不動産売却で「火災保険」を解約した場合の未経過分について解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    トラストエステート
    • 〒171-0022
    • 東京都豊島区南池袋1丁目20-11
      植原ビル4F
    • TEL/03-5924-6230
    • FAX/03-5924-6231
    • 東京都知事 (1) 第106253号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る