豊島区で不動産売却|トラストエステート > トラストエステートのスタッフブログ記事一覧 > 空き家は放置するデメリットとは?税金や売却方法について解説

空き家は放置するデメリットとは?税金や売却方法について解説

≪ 前へ|豊島区にあるサンシャイン60展望台についてご紹介   記事一覧   不動産を売却する際に残置物があるとどんな問題があるの? |次へ ≫

空き家は放置するデメリットとは?税金や売却方法について解説

空き家は放置しても良い?リスクも知っておく必要が

相続や転居などさまざまな原因から、空き家になってしまうことがあります。
手続きが面倒、費用がかかるなどの理由で、空き家をそのままに放置していませんか?
リスクやデメリットを考えますと、空き家を放置することはおすすめできません。
こちらの記事では、空き家を放置するデメリットや売却方法について解説していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

空き家を放置するデメリットとは

空き家を放置すると、次のようなことが考えられます。

●ごみの放置
●不審火や不審者の侵入による治安の悪化
●空き家の倒壊
●納める税金が増える


自分だけでなく、近所にも迷惑をかけるデメリットがある点は見逃せませんね。
また、空き家が辺りの景観を悪化させる原因になり、さらに地価の低下につながる可能性もあります。

空き家を放置すると税金が増える?

空き家であっても、不動産を所有していることに変わりありません。
そのため空き家を所有している間、固定資産税や都市計画税を支払い続ける必要があります。
そして固定資産税の額を決めるのは、不動産の評価額です。
住宅用地の場合は減額特例が適用されますので、評価額を6(200㎡以下の場合)で割った数値を元に課税をおこないます。
しかし所有している空き家が、保安上危険または衛生上有害となるおそれがあるなどとみなされると「特定空き家」に指定されます。
特定空き家に指定されますと、減額特例が適用されなくなります。

つまり評価額が6倍になり、納める税金が増えるのです。

放置している空き家を売却するには

空き家の所有が負担に感じるのであれば、売却もおすすめです。
それでは、空き家を売却したらどんなメリットがあるのか、また売却方法について解説します。

空き家売却のメリット

空き家の売却には、以下のようなメリットがあります。

●売却益の取得
●維持費が削減できる
●固定資産税を納める必要がなくなる


どれも得られたら嬉しいものばかりですね。

空き家の売却方法

売却する方法には以下の3つがあります。

●そのままの状態で売却
●空き家を解体し、更地にして売却
●空き家をリフォームして売却


どの方法にもメリット・デメリットがありますが、一番簡単な方法はそのままの状態で売却する方法です。
そのままの状態で売却する方法だと、余分な費用や手間がかかりません。
売却方法は、空き家の築年数や状態などを考えて選ぶと良いでしょう。
いずれの方法を選んでも、まずは不動産会社にご相談ください。

まとめ

デメリットや納税額の増加から、空き家の所有を悩んでいる方も多いかと思います。
所有し続けるメリットも併せて考え、ベストな方法を探してみましょう。
私たちトラストエステートは、豊島区を中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
お客様の幅広いニーズに真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|豊島区にあるサンシャイン60展望台についてご紹介   記事一覧   不動産を売却する際に残置物があるとどんな問題があるの? |次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    トラストエステート
    • 〒171-0022
    • 東京都豊島区南池袋1丁目20-11
      植原ビル4F
    • TEL/03-5924-6230
    • FAX/03-5924-6231
    • 東京都知事 (1) 第106253号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る