豊島区で不動産売却|トラストエステート > トラストエステートのスタッフブログ記事一覧 > 空き家対策特別措置法とは?概要や対処法を解説!

空き家対策特別措置法とは?概要や対処法を解説!

≪ 前へ|知っておきたい空き家問題のリスクとは?原因や対策についてご紹介!   記事一覧

空き家対策特別措置法とは?概要や対処法を解説!

空き家対策特別措置法とは?概要や対処法を解説!

2015年5月、「空き家対策特別措置法」が施行されました。
毎年増え続ける空き家問題に対応するために制定された法律ですが、その具体的な内容について、あまりよくわからない方も多いのではないでしょうか。
今回は、空き家対策特別措置法の概要と対処法をご紹介します。
空き家を所有する方はぜひ参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

空き家対策特別措置法と特定空き家とは?

「平成30年住宅・土地統計調査結果」(総務省統計局)によると、2018年の時点で全国に848万9,000戸もの空き家が存在するといいます。
適切な管理がなされずに放置された空き家は、倒壊や放火などさまざまなトラブルを引き起こす引き金となりかねません。
空き家対策特別措置法とは、そのような状態の空き家の管理・処分を進めるために制定された法律です。
各自治体は法律に基づき、以下の4つの条件に該当する空き家を「特定空き家」に指定します。

●倒壊の恐れがある
●衛生面で有害となる恐れがある
●適切な管理がなされておらず、景観を損なっている
●周辺の生活環境を乱す恐れがある


そして特定空き家の所有者に対し、修繕や撤去の助言・指導をおこないます。
特定空き家の指定を解除するには、自治体の助言・指導に従って空き家の状態を改善しなくてはなりません。
しかし指導を受けたにも関わらず改善が見られない場合は勧告がおこなわれ、固定資産税の住宅用地の特例から除外されます。
翌年以降の税負担が重くなるため、助言・指導を受けた場合は速やかに対処しましょう。

空き家対策特別措置法で特定空き家に指定されない対処法とは

所有不動産が特定空き家に指定されるのを防ぐには、適切な管理が肝心です。
将来何らかの形での活用を考えているのであれば、定期的な清掃やメンテナンスをおこなうと良いでしょう。
土地のみの利用を計画していて、空き家はいずれ取り壊す予定の場合は早期解体をおすすめします。
利用予定がない場合は、売却を検討するのも1つの方法です。
一方、空き家に愛着があり、売却がはばかられるケースもあるでしょう。
その際は、リフォームを施し賃貸物件として貸し出す手段を検討してはいかがでしょうか。
家賃収入が見込めるほか、空き家の管理も不要です。
思い入れのある家を手放さなくて済む点もメリットでしょう。

まとめ

空き家対策特別措置法の施行により、空き家の所有者には厳格な管理が求められるようになりました。
特定空き家に指定されると固定資産税の住宅用地の特例を除外されてしまうため、空き家の管理が難しい場合は売却するか取り壊す、または賃貸物件として貸し出すかなどの方法での対応をおすすめします。
私たちトラストエステートは、豊島区を中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
お客様の幅広いニーズに真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|知っておきたい空き家問題のリスクとは?原因や対策についてご紹介!   記事一覧

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    トラストエステート
    • 〒171-0022
    • 東京都豊島区南池袋1丁目20-11
      植原ビル4F
    • TEL/03-5924-6230
    • FAX/03-5924-6231
    • 東京都知事 (1) 第106253号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る