豊島区で不動産売却|トラストエステート > トラストエステートのスタッフブログ記事一覧 > 空き家を売りたい場合どのようにすれば良いのか

空き家を売りたい場合どのようにすれば良いのか

記事一覧   再建築不可の戸建てとは?購入するメリットとデメリット|次へ ≫

空き家を売りたい場合どのようにすれば良いのか

空き家を売りたい場合どのようにすれば良いのか

昨今、日本のあちこちで空き家に関するさまざまな問題が起こっています。
現在、家を所有しているが利用していないという方は、いくつかの空き家売却方法がありますので検討してみてはいかがでしょうか。
そのままの状態で売却することもできますし、更地にしてから売ることも可能です。
ここでは、空き家を売る際に、知っておきたいことについてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

空き家を売りたい場合そのままの状態で売るのがおすすめのケースとは

空き家を、現在の状態で売ることも可能ですので、まずは現在のままの状態で売却を検討してみると良いでしょう。
特におすすめしたいケースは、建物に何かしらのメリットや価値がある場合です。
たとえば、まだそれほど古くはなく、引き続いてそこに住めるような空き家は、そのままの状態で売りやすいことでしょう。
反対に、だいぶ古くて、いわゆる古民家のように特別な価値がある物件も、魅力を感じる人がいるのでそのまま売ることを検討しても良いでしょう。
ただし、あまりに傷んでいるものやリフォームにたくさんお金がかかりそうなものは、買い手が見つかりにくいです。

空き家を売りたい場合更地にするのがおすすめのケースとは

更地にしてから売った方が良い場合とは、建物が古かったり傷みが目立っていたりと、その後そこに住むのが難しいケースです。
家は、住む人がいない状態が続くと傷みやすいといった特徴がありますので、気になる物件がある方は、早めに何らかの対応を考えた方が良いと言えるでしょう。
耐震性に問題があるような物件も、買い手が付きにくいので、更地にした方が良いかもしれません。

空き家を売りたい場合どれくらいの費用が必要になるのか

気になる空き家の売却費用ですが、これはそのままの状態で売りたい方と、更地にしてから売る場合とで異なります。
更地にしてから売る場合は、家の中にあるすべてのものを処分する必要があり、そのための費用を用意しなければなりません。
これは、どれくらいのものがあるかによって違いますが、20万円から50万円くらいはかかることが多いです。
更地にする場合は、解体費用が必要になり、まとまったお金を用意することになります。
劣化具合や家の広さなどいろいろな角度から見て費用が算出されますが、40坪の住宅であれば、200万円くらい必要になることもあります。

まとめ

空き家は、そのまま放っておくと、どんどん傷んでいきますので、売りたい方は早めに対応することをおすすめします。
家がある状態で売る場合と、解体してから売る場合とで必要な費用が異なります。
また、どちらが良いかは、家の状態などによって違います。
私たちトラストエステートは、豊島区を中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
お客様の幅広いニーズに真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

記事一覧   再建築不可の戸建てとは?購入するメリットとデメリット|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る