豊島区で不動産売却|トラストエステート > トラストエステートのスタッフブログ記事一覧 > 空き家の売却を検討するときに気を付けたい税金について解説

空き家の売却を検討するときに気を付けたい税金について解説

≪ 前へ|戸建てのリフォームをおこなうタイミングやおすすめしたい理由    記事一覧   住宅ローン控除はリフォームでも利用できる!利用条件や控除額とは|次へ ≫

空き家の売却を検討するときに気を付けたい税金について解説

 空き家の売却を検討するときに気をつけたい税金について解説

最近空き家の話題を聞くことが多くありますが、総務省の統計によると右肩あがりで増えているというのが実態で、管理の問題などいろいろ悩みを抱えている方も多いようです。
解決策として現実的なのは売却ですが、売却を検討する場合に気を付けたい税金についてまとめてみました。

弊社へのお問い合わせはこちら

空き家を売却したときに課税される税金の計算方法

家を売却すると当然その代金が発生しますが、その場合には譲渡所得税や復興特別所得税そして住民税がかかり、税金の計算方法は(税金=譲渡収入金額-(取得費+譲渡費)×税率)です。
譲渡収入金額は家を売却した代金そのものですが、売却時に税金(都市計画税や固定資産税)の精算金も発生しますので、それも含めます。
取得費は売ることになった家を買ったときの費用や仲介手数料ですが、相続の場合には、親の代で家を作ったときに支払った経費等の合計になる場合もあります。
相続の場合に親の代で家を作ったときの資料が不明で、取得費が出せないこともありますが、そんな時には家を売った金額の5%で計算して良いという決まりがあります。
譲渡費用は家を売るときに直接かかった経費のことで、仲介手数料や売主負担の印紙税、借家の場合に借家人に立ち退いてもらうための立退料などがあります。
税率の計算については、譲渡所得税の場合には家を持っていた期間により計算が異なり、所有期間が5年以下の場合に譲渡所得税率が2倍になりますので注意が必要です。
税金の控除に関しては、売却に係る譲渡所得に対して最大で3,000万円の控除が受けられる特別控除の制度があります。
控除を受けるには、相続を受ける前に被相続人が居住していることなど、適用条件がありますので確認が必要です。

空き家の売却を検討する時には空家等対策特別措置法にも注意

全国的に空き家が増えていく中で、放置された家が問題になるケースも多く、そのことを解決するために平成26年に空家等対策特別措置法が施行されました。
空家等対策特別措置法では、自治体が実態調査をした上で家の所有者に適正に管理することを指導したり、跡地利用を促進したりすることなどが定められています。
適正に管理するために自治体は空き家を持っている人に助言や指導、勧告もできますが、特定空家など問題のある家に対しては命令をすることもできます。
特定空家とは人が居住できないと自治体が認定する空き家ですが、指定後に改善の勧告を受けると、これまでの6倍の固定資産税を支払うことにもなるので注意が必要です。

まとめ

空き家の売却を検討する時には、譲渡所得として税金が掛かかりますので計算方法や特別控除の対象など、事前に調査して適切に対応する必要があります。
また、空き家を放置しておくと法令により特定空家に指定され、これまでの6倍もの固定資産税が課税されることもありますので気を付けましょう。
私たちトラストエステートは、豊島区を中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
お客様の幅広いニーズに真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|戸建てのリフォームをおこなうタイミングやおすすめしたい理由    記事一覧   住宅ローン控除はリフォームでも利用できる!利用条件や控除額とは|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る