豊島区で不動産売却|トラストエステート > トラストエステートのスタッフブログ記事一覧 > 住宅ローン控除はリフォームでも利用できる!利用条件や控除額とは

住宅ローン控除はリフォームでも利用できる!利用条件や控除額とは

≪ 前へ|戸建てのリフォームをおこなうタイミングやおすすめしたい理由    記事一覧    空き家の売却を検討するときに気を付けたい税金について解説|次へ ≫

住宅ローン控除はリフォームでも利用できる!利用条件や控除額とは

住宅ローン控除はリフォームでも利用できる!利用条件や控除額とは

リフォームにかかった費用に対して住宅ローン控除を受けるための条件や注意点、控除額などについて、この記事では解説します。
一般的に住宅ローン控除は家の購入時に利用されるものと思われがちですが、実はリフォームのためのローンにも利用できるケースがあるのです。

弊社へのお問い合わせはこちら

リフォームにも利用できる住宅ローン控除とは?基本的なポイントを解説

住宅ローン控除とは、住宅に関する大きな出費の助けをしてくれる制度で、住宅ローン年末残高の1%を所得税や住民税から控除するものです。
控除額が40万円だとしたら40万円がまず所得税から控除され、もし所得税が40万円より安くて控除額が余った場合、さらに住民税から控除されます。
なお住宅ローン控除額の上限とは基本的に年間40万円で、対象住宅が認定長期優良住宅などの場合は別途申請することで50万円が上限となります。
また住宅ローン控除を利用する際、最初だけ確定申告の手続きが必要であることには注意が必要です。
確定申告とは税務署に対し必要書類を提出しておこなう手続きですが、便利なオンライン手続きも可能になっています。

住宅ローン控除はリフォームも対象!利用しなくては損

住宅購入が住宅ローン控除の代表的な適用例ですが、リフォームや増築でも条件を満たせば利用できます。
住宅購入よりリフォームは身近な事例なので、住宅ローン控除は幅広い方が利用対象となる可能性がある制度ですね。
バリアフリーを目的としたリフォームや増築など、一定の金額以上の住宅ローンを利用してリフォームする場合に、住宅ローン控除が受けられます。

住宅ローン控除はリフォームも対象!適用条件や注意点を解説

住宅ローン控除をリフォーム費用に適用するには、そのリフォームが条件を満たすか確認する必要があります。
まず補助金などを除いて、100万円を超える住宅ローンを利用したリフォームであることが条件の1つです。
次にリフォーム工事が終わってから半年以内に居住することも住宅ローン控除利用の条件です。
居住することが条件に入っているので、自然とリフォーム工事の対象が居住目的の家屋であることも条件に加わります。
さらに半分以上が居住用部分になっている建物のリフォームであることも条件ですが、これは居住目的の家屋が対象であることを考えれば納得しやすい条件ですね。
消費税10%のリフォームをした住宅に、2019年10月1日から2020年12月31日の期間に入居した場合、住宅ローン控除期間は13年間です。
最初の10年間は、住宅ローン年末残高の1%を所得税や住民税から、基本的に40万円を上限として住宅ローン控除がされます。
残り3年間は、建物の取得価格×2%÷3と住宅ローン年末残高の1%を比較してどちらか安いほうが所得税や住民税から控除されます。
なお、この入居時期についてはコロナ禍の影響に対する措置がとられています。

まとめ

リフォームでも住宅ローン控除が利用できれば、大きな金額がかかる場合も経済的に助かります。
利用のための条件がいくつかあるので、あらかじめ把握したうえでリフォーム相談をすると、よりスムーズに住宅ローン控除を利用できるでしょう。
私たちトラストエステートは、豊島区を中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
お客様の幅広いニーズに真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|戸建てのリフォームをおこなうタイミングやおすすめしたい理由    記事一覧    空き家の売却を検討するときに気を付けたい税金について解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る