豊島区で不動産売却|トラストエステート > トラストエステートのスタッフブログ記事一覧 > リフォームとリノベーションの違いについて解説

リフォームとリノベーションの違いについて解説

≪ 前へ|再建築不可物件を収益物件として活用する方法とは?   記事一覧   不動産売却時の査定とは?相場や依頼種類について解説|次へ ≫

リフォームとリノベーションの違いについて解説

リフォームとリノベーションの違いについて解説

中古物件を購入し、自分好みにカスタマイズしたい、と考える方は少なくありません。
このような場合、リフォームとリノベーション、どちらにするべきなのか、と疑問を抱く方も多いようです。
本記事では、リフォームとリノベーションの違いや、それぞれの費用相場などについて解説していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

リフォームとリノベーションの違いとは

リフォームとは、部分的な修繕や老朽化したところを新しくする工事を指します。
キッチンの流し台を交換する、浴室の浴槽や壁を工事する、壁紙を新しく貼り替える、などが該当します。
一方のリノベーションは、既存の住宅に新たな価値を付与するための工事です。
そのため、工事は大掛かりなものになることが多く、建物を躯体だけのスケルトン状態にして、やり直すケースも少なくありません。
デザイン性だけでなく、機能性を重視してより快適に暮らせる住環境を構築する、ライフスタイルに合わせた家に作り変える、といったこともリノベーション工事で可能です。
どちらがよいのか、と悩む方も多いでしょうが、どちらも一長一短であるため、一概にどちらがよいとはいえません。
目的や予算に合わせて、検討することが大切です。
ほかの部分はよいものの、お風呂だけピンポイントで改良したい、といったケースではリフォームでも問題ないでしょう。
一方、ライフスタイルに合わせた、快適な家に作り替えたい、といった場合にはリノベーションが適していると考えられます。

リフォームとリノベーションの費用

リフォームとリノベーションの費用は、工事を依頼する業者や、工事をおこなう範囲、使用する建材、設備機器など、さまざまな要素により異なります。
そのため、一概にどれくらいのコストがかかるのかと、断言するのは困難です。
たとえば、トイレの便器交換や壁紙、床材の貼り替えなどなら、15~20万円程度で可能です。
間取りも変えるような大規模工事ともなれば、500万円以上のコストがかかることも珍しくありません。
こればかりは、専門業者に見積もりをしてもらわないことにはわからないのです。
リフォームとリノベーション、どちらを選択するにせよ、必ず事前に見積もりは提出してもらいましょう。
事前に、希望する工事をきちんとまとめ、業者へ伝えることで精度の高い見積もりを提出してもらえます。

まとめ

リフォームとリノベーションの違いや費用について解説をしましたが、いかがでしたでしょうか。
どちらも一長一短であるため、まずは双方のメリットとデメリット、特徴を把握することから始めましょう。
実際に工事を検討するのなら、専門業者に相談のうえ、見積もりも提出してもらってください。
私たちトラストエステートは、豊島区を中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
お客様の幅広いニーズに真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|再建築不可物件を収益物件として活用する方法とは?   記事一覧   不動産売却時の査定とは?相場や依頼種類について解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る