豊島区で不動産売却|トラストエステート > トラストエステートのスタッフブログ記事一覧 > マイホームの買い替えをしたい!タイミングやローンはどうする?

マイホームの買い替えをしたい!タイミングやローンはどうする?

≪ 前へ|不動産を複数人で出資して購入した際の登記に利用する共同名義とは   記事一覧   豊島区にあるサンシャイン60展望台についてご紹介|次へ ≫

マイホームの買い替えをしたい!タイミングやローンはどうする?

マイホームの買い替えをしたい!タイミングやローンはどうする?

現在住んでいる住まいから、家族構成が変わるなど、何らかの環境が変わることで買い替えを検討している方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、どのタイミングで買い替えると良いか、現在の住まいの売却やローンの残債、新たな借入はどうするかなど考えることがいくつもでてくるといったこともあるのではないでしょうか。
そのようなお悩みの解決につながることをご紹介していきたいと思います。

弊社へのお問い合わせはこちら

マイホーム買い替えのローンの残債がある場合は?

マイホームの買い替えを検討したいと思っていても、以下のように考えている方多いと思います。

●ローンの残債がある
●ローンの残債はどのように返済したらいいのか


このような悩みについては、住んでいる家を先に売却することで、その資金を返済に充てることができます。
その際に、業者によってはこちらが望んでいた金額に届かない場合もあります。
自分の理想に近い金額を提示してくれる店舗を探すことが重要です。

マイホームを買い替えることにメリットはあるのか?

住まいの購入を検討する際は、家族が増えることになった、子どもが独立して夫婦だけに生活が変わったなどです。
高齢になったため、より住みやすい家に住みたいという理由もあげられます。
他にも家族構成が変わったり、ライフスタイルが変わったりするタイミングがあると思います。
そして、買い替えをすることによって、戸建てならば土地が資産になるというメリットもあります。
また、マンションの買い替えであれば最寄り駅までの時間などの利便性が高まったりすることによって、資産価値も上がってくるメリットも考えられるでしょう。

年収によってマイホームの買い替えのタイミングはあるのか?

だいたい住宅ローンの借入額は、ご自身の年収の約25%といわれています。
しかし、家族構成や定年後などにより環境が変わってくることも考える必要がでてきます。
毎月の生活費やなにかあった場合、手元にあったほうがよいとされるもののことです。
これを生活予備費といいます。
さらに、新たな物件の購入のタイミングは、期間についても理解しなければなりません。
期間は、35年が一般的といわれますが、現在のご年齢、年数が経過することにより変わっていくライフスタイルが考えられます。
そういった、先々の計画についてもよく考慮して、マイホームの買い替えを検討しておきたいところとなります。

まとめ

住まいの買い替えを検討する時期は、人によってさまざまです。
また、ライフスタイルの変化に伴い、「もっと部屋を増やしたい」「もう少し手狭でもよい」と考えることもあるでしょう。
ニーズが違っていても、現在の住まいと新たな住まいについてどうするかを考えるという点は同じです。
年収とタイミングをしっかり見極めて検討しましょう。
私たちトラストエステートは、豊島区を中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
お客様の幅広いニーズに真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産を複数人で出資して購入した際の登記に利用する共同名義とは   記事一覧   豊島区にあるサンシャイン60展望台についてご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る